風船 ver 2

ふっ、ふっ、ふうせんぅ〜〜〜 >< ←風船大好き

 

風船をオリジナルフォントで生成し、ズムーズに表示しています。

スムーズな表示になったのは、フォントを1ピクセルずつずらしているから。

高速線画の ORANGE pico だからこそ BASIC でもこれだけ綺麗な表示になります。

ただし画面によっては点滅しているように見えるかもしれません。

実際に一瞬風船部分を消しているためです。

 

フォントを書き換えているので、

他のプログラムを実行する時は cpoke を実行して下さい。

 

プログラムの解説を少しすると、b$ が風船のデータですが、

これを実際に入れている配列は b(8)〜b(23) です。前後は空白になっています。

文字列は \x00 があると終端と判断され、誤動作を起こしてしまうのですが、

風船のデータに \x00 が存在しないので、文字列としてまとめて収納しています。

chr$(250) でいうと b(0)〜b(7)、少し空けて b(1)〜b(8)、次は b(2)〜b(9) と

順々にスライドさせてフォント設定を行います。

1文字分ずらしたところでスクロールし、あとは繰り返しです。

なので風船は横 1 文字×縦 2 文字分のデータですが、

使用しているキャラクターは chr$(250)〜(252) の 3 文字になっています。

 


他のバージョン